日々

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧




『ヴィヨンの妻』

久々に映画館に。


非常に良かった。

抱きしめたくなるような作品。

今、この歳でみたのがよかったのかもしれない。

おそらく、10年前とか、いや、5年前でも、よくわからなかったと思う。

なんだか、どきりとする、けれども心にしみる映画だった。

映画の見方が変わってきたんだと、最近思う。

映画というか、物の見方が変わったのだろうか。

More
[PR]



by desreelove | 2009-10-26 17:48 | 本、映画、絵画、音

プロジェクト大山のダンス@大野一雄フェスティバル

はあ、またしても、ものすごい体験をしてしまった。

本当においしいものを口にしたときに、「おいしい!!」としか言えないのと同じように。
プロジェクト大山のダンスはもう、「すごい!!」としか言えないような気がする。

相変わらずの衝撃の大きさに、言葉になるまでに時間がかかってしまった。
でも、何か感じたのは間違いがないでしょ。
だって、ダンスを見た日の夜に、何かに突き動かされるかのように、私は絵を描いた。
言葉に、できなかったんだろう。
文字に、できなかったんだろう。
けれども何かを表現したくなるようなエネルギーの爆発を、私は感じたのだ。
まさにそれは、「ああ、はれ」なり。

More
[PR]



by desreelove | 2009-10-19 17:38 | 本、映画、絵画、音

Les Freres

友達と、ピアノのコンサートに行ってきた。
「ぴあののこんさーと」
というには余りにも、異色だったけど。

レ・フレールという、兄弟によるピアノデュオ。

音について、それも自分自身が生で聞いたものに対して、感じたことを言葉で表現するのはあまりにも難しいので、今回は、彼らの演奏と、あの場にいて感じたことを。

More
[PR]



by desreelove | 2009-10-02 20:45

必然

f0206488_195420.jpg
9月の末に、とある勉強会に出席した。
『医療システムデザイン』に関する勉強会で、医療従事者・患者・
官僚・政治家志望者・メディア・ビジネスマン・学生…と様々な
立場の人が集まる。

今回の講師は吉野ゆりえさん。
この方は、難疾患であるサルコーマ(肉腫)というがんの患者さん
であり、日本に「サルコーマセンターを設立する会」の代表をされ
ている。
患者数の少ない難病に対してこそ、国の支援で集中的・専門的な
治療が可能なセンター病院が設立する必要があるとのお考えで
日夜活動をなさっている。

今回は、日本の医療システムに、患者側の視点から問題提起を
いただく、という形での勉強会だった。

More
[PR]



by desreelove | 2009-10-02 19:12

2012年4月よりカナダトロントに住んでいます。
by desreelove
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新の記事

涼のお届けありがとう
at 2012-07-24 19:03
Dessert Trends
at 2012-07-16 12:25
コイン使いこなし術、続編。
at 2012-06-25 10:21
慣れてきたかな、と思った瞬間
at 2012-06-19 18:27
○○がないけど、
at 2012-06-02 11:35

踊り時計

最新のトラックバック

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧