日々

遅刻

職場の上司に代理を頼まれ、東京からははるかかなた地方でのバイトへ。




初めての病院だから、その上司が「いつもこれで十分間に合ってるよ」という時間よりも早く私は出発した。
スーツケースをゴロゴロとひいて。長いこと電車に揺られた後は、最寄り駅からバス。

ところが、そのバスに乗ってから問題が起きた。

何という停留所で下りるかが分からないのである!
結構心配性の私としては、はじめていく土地の地域全体の地図やその病院周辺の細かい地図を持って来そうなものであるが、なぜかそれが手元にない。
しかも、病院名すら思い出そうとしても思い出せない。確か「佐久」ってついた。

運転手さんに、”この途中でとっても大きい病院の近くで止まるバス停ありませんか?たしか”佐久総合”、とかそんな名前かと思うんですが…”
と聞いてみても、、、う~ん、ちょっと分からないねえ、と言われる。

あれ?バス間違えちゃったかしら。
やばくないか?もうずいぶん山道になってきちゃってる。

バスを降りてタクシーで向かおうかとも思ったけど、一体自分が今どこにいて、どこに向かっているのかが全く分からないために、しかも山道だからタクシーが通るかどうかもわからなくて、それは躊躇われた。

そうこうしているうちにあっという間に診療開始時間の9時を過ぎる。

病院に、『ちょっと遅れます』って電話しなきゃと思っても、病院名すらあやふやだしもちろん電話番号も分からない。こうなったら、代理を頼まれた上司に電話を、と思い自分の勤める大学に電話をした。

「はい、●●病院でございます。」
「私、○○科のモノですが、同じ科の△△先生につないでください」

しかし、私が本当に●●病院の医師であるということが電話では確認できないのでつなげないと言われた。

え?
こんなことってあったっけ?
いつもなら、これでPHSにつないでくれるのに。

そうこうしているうちにどんどんバスは山奥に入っていくし、携帯の電波も徐々に悪くなっていく。
時間もどんどんたっていって、患者さんを待たせているという焦りと、今自分が一体どこにいてどこに行っちゃうのかという不安で、気が遠くなりそうだった。

まずいまずい、この困った状況に私がいるということはさておき、誰からでもいいから私の行く予定であった病院にたどりつけなくてごめんなさいという旨だけでも伝えなければ、と焦って大学にいる同期にも電話をする。

でも、つながらない。
もう、どうしよう。
まずいまずい!
ほんっと、いや~~~~!!



…新しいバージョンの、「ずるずると遅刻しちゃう夢」だった。

これまで、「友人の家に遊びに行くはずなのに、なんだかんだ問題が起きてずるずると遅刻しちゃう夢」、「結婚式の二次会に行かなきゃなのにやっぱり何かに足を引っ張られるように遅刻しちゃう夢」をたびたび見てきた。

今回は、「仕事に遅刻しちゃう夢」だった。


私は、この夢が本当に嫌い。
何がいやかというと、定刻に何かが始まるということが決まっているのに、どんどんそれに遅れ、リカバーしようとあの手この手を使っても、泥沼にはまってしまう。ポイントは、寝坊などではなくキチンと間に合うようにかなり早期から準備しているにもかかわらず遅刻する、というところにある。

起きた時に、真剣に現実でなくてよかったと思うのである。

この夢、本当に何度も見るし少しずつディテールは違えど、とにかく”遅れちゃう”、そして私はそれがとてもいや、という構図はいつも同じ。

夫に、フロイトじゃなくても、そんな簡単な夢診断、俺でもできる。
と言われた。

「おまえは、とにかく本当に、遅刻することが嫌いなんだ」

という、結論だった。

え?それだけ?
超簡単じゃない?ひねりもないし。

でも、確かによくよく考えてみれば、私は、遅刻がいやだしそのために前もって、十分間に合うように予定を組むし、例えば2つの用事が縦に入っている場合には、その間の移動やつなぎがスムーズでなくてぎりぎりになったりすると異常に焦る。
もしくは、最初から無理そうであれば絶対にそのように事前に伝える。
(さすがに職種上、予想外の展開から身動きが取れなくなることも時としてあるが…)

友達との約束でも、遅刻しそうであればあまりためらわずタクシーに乗ったりもする。
それで、向こうが結局少し遅刻して私が待つ、ということもよくある。

別にヒトを待つことに関しては、私は何の感想もない。
他人に遅刻しないよう求める気もさらさらない。
つまり、自分自身だけの、こだわりである。
私には、強迫的な部分は殆どないと思っていたけど、実は無意識のうちに、定刻に間に合うことに異常な執着を感じているということがうかがえる。
医者は、普通に遅刻する人が多いけど、私は常に、どんなにかっこ悪くてもできれば5分前集合したい。
5分前につくように計算して出発すると、大概10分前についてしまう。
でも、それでほっとする。どんなに手持無沙汰でも。
最近では、これでも必ず遅刻する友人と会うときには私もなるべく集合時間きっかりに到着するようにしている。

ふうん。
なんか、なんか、なんか。意識下のことってやっぱり、夢に出てきたりするんだなあって、実感した。しかも繰り返し繰り返し。
あ~夢でよかった。
なんてリアルなんだろうか。
[PR]



by desreelove | 2010-06-30 11:06 |

2012年4月よりカナダトロントに住んでいます。
by desreelove
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新の記事

涼のお届けありがとう
at 2012-07-24 19:03
Dessert Trends
at 2012-07-16 12:25
コイン使いこなし術、続編。
at 2012-06-25 10:21
慣れてきたかな、と思った瞬間
at 2012-06-19 18:27
○○がないけど、
at 2012-06-02 11:35

踊り時計

最新のトラックバック

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧