日々

再会

とある診察室。
  「次の方どうぞ」

カルテには、小学校の時に同じクラスだったお友達と同姓同名の女性の名前が記載してあった。
年齢も、一緒。

あ~、同じクラスだった●●ちゃんと、同じ名前だ。懐かしいな~、そういえば今頃何しているのかなぁ…なんて思って、ふとご本人に目を向けると…





なんとなんと!!その本人だった。

「●●ちゃん!」
「マキ!」
それは、あまりにも突然で衝撃的な再会。

つまり、彼女の職場が契約している検診施設で、私がたまたま診察担当医をしていた、というわけ。
複数の診察室があるにも関わらず、しかも、私は週に1度しかそこに行っていないにもかかわらず、私たちはものすごいタイミングで20年ぶりに再会した。

検診中、次の患者さんが待っているにもかかわらず、こっそりメアドを交換して、先日、ご飯を食べに行ってきた。


彼女は昔っから、可愛くっておしゃれさんで、クラスのファッションリーダーだった。
今はとある外資のブランドショップで働いていると。
うん、イメージ通り!

私は小学校卒業後、地元から離れた中学に通ったため、小学校の時の友人とほとんど交流がない。
みなと一緒に、小学校→そのまま中学校と過ごせたわけではなかった。
つまるところ、20年ぶりにあったわけなのだけど。
全くブランクを感じなかった。
こんなことってあるのだなあ。
ちなみに実家も徒歩3分ぐらいのところにあり、お互いの当時の飼い犬の名前とその性格までもちろん知っている。
逆に今まで一度も会わなかったことが不思議なぐらい。

大概こういうときは思い出話になるものだけど、その内容だって相当くだらない(もちろん、小学校の時だからさあ)。
「臨海学校でひとしきりまくら投げをした後で、女の子の一人が過換気症候群みたいになって超焦ったよね」、とか。
「小学校の目の前にある駄菓子屋は、私たちのサンクチュアリだったよね」、とか。
「担任の先生が体育の授業中に怒ってプイッといなくなってしまった後、勝手に子供だけで体育の続きをしたらさらに怒られた」とか。よくぞまあ、こんなことを詳細に覚えていること。

当時私が大好きだった男の子の話。あんなに足が速くってほっそりしていたのに、今やパパになって、しかも、かなり太っているという情報を耳にしたり笑。



風のうわさやまた別の友人を介した遠回りの情報でなんとか耳にしていたお互いの20年間。
どんなに時間が空いていても、気恥ずかしくなんて全然なくて、あった瞬間からすっと打ち解けた。
いろんな話をするのに相手の出方を伺ったり、そういうことをしなくてもお互いが心地いいと思うことがとても似ているということが分かった。
これって、小さいころおんなじような環境で育っていたことが、大きく関係しているのだと感じた。

あの、私が生まれ育った田舎の小さな町を、同じく彼女も愛していて。
将来住むなら、自分の子供を育てるなら、やっぱり私たちが育ったような環境がいいよねって、同じく彼女もそう思っていて。
そして、「イマ、ここで」再会したことってきっと、何らかの意味があるのだよ。
出会うべくして出会ったんだよって、彼女が言った。
激しく同感、そして、なんか、嬉しかった。

あの小学校の中にいるわけではないけど、確実に当時の私たちを取り巻く空気が、場が、再現された。
場の大切さというものを、改めて感じた、じんとくる時間だった。



…いやあ、それにしても小学校の時の友人の、胸の音を聴診器で聞くの、ちょっと恥ずかしかったなあ。
彼女も恥ずかしかった、って。この前言ってた。
でもまた、1年に1回の健康診断は、必ず私のいるところにいくねって、言ってくれて私はなんだかとてもうれしかった。
[PR]



by desreelove | 2010-03-13 12:50

2012年4月よりカナダトロントに住んでいます。
by desreelove
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

涼のお届けありがとう
at 2012-07-24 19:03
Dessert Trends
at 2012-07-16 12:25
コイン使いこなし術、続編。
at 2012-06-25 10:21
慣れてきたかな、と思った瞬間
at 2012-06-19 18:27
○○がないけど、
at 2012-06-02 11:35

踊り時計

最新のトラックバック

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧