日々

大駱駝艦 『穴』 @壺中天(吉祥寺)

f0206488_20213423.jpg
大駱駝艦の舞踏を見てきました。
ちょっと前に、ですが。

いまさら、感想をちょっと。











宣伝広告の言葉
****************
『 穴 』
文明は滅んだ。太陽も死んだ。
音も無い。温度も無い。味も無い。 辺りは死の世界。
未来のどん詰まりに、 みんないっぺんに落っこちたんだ。
チャンスだ。打ち寄せる波をいっぱいに吸い込み、
しるしを刻め。
我々はミツメラレルモノダ。

村松卓矢

穴に廃棄された不要で隠蔽されてしまったモノたちが
吹き込まれる新たな命とエネルギーによって
再び穴から這い上がってくる!
穴という時空と同様に肉体を肉塊になるまで貶め、
全てを等価のものとして眺めてみることで
表現における独創性を掘り下げ、
村松にしか成し得ないその熱気、滑稽、緊張感、迫力
をしかと目撃せよ!
****************

いや、圧巻だった。
たくさんの白い人たちと、ちょっと色の違う人が穴をめぐって
穴の中に入っていったり、出ていったり中にいる様を想起させたり、、、
笑いあり、力強さあり、ノスタルジックありの、excitingな舞台。

理路整然としたストーリー性はない舞踏であった。
でも、完全なる無秩序のまま時間だけが過ぎていくというわけでは、ない。
ところどころにつながりのある、意味のある動きや場面が登場する。
じゃ、どのような話だったのかというと、それはちょっと如何とも一言では
説明しがたいのだけれども…。

上記のチケット販売サイトの説明に書いてある説明を、私は舞台を見た
後で読んだのだけど、何ともその通りだと思う一方で、もうちょっと意味を
決めつけず心の響くまま見られるようにしてくれればいいのに、と思った。
(まあ、つまり自分は舞台を見る前に読まなくってよかったとおもったわけです。)

ネタばれしているわけではないけれども、その説明でちょっとした先入観が
付きまとってしまうのではないかしらと思った。
さいしょから、全身黒塗りのヒトがおかしなポーズで映っているポスター、
そして題名の『穴』、それだけでもいろいろと想像が膨らむので、膨らむままに
自分の中で感じるままに心の声を聞いてみれば、人それぞれ感ずるところは
違うはず。

もちろん、迫力ありました。
でも『その熱気、滑稽、緊張感!』とか書かれちゃうと、逆に期待しちゃうでしょ
それを。
ま、それはいいのですが。宣伝文句だしね!

私自身はというと。
どうもやはりこのような舞台を見て、「なんだか懐かしいなあ」と思うのだ。
舞台全体としての構成や表現力、肉体の美しさももちろん素晴らしかったのだ
けれども。
でも、なんだかところどころに差し込まれる動きの『部分』をとってくると、どれも
懐かしい感じの動きになる。
これは、以前プロジェクト大山のダンスを見に行ったときにも感じたことと似ていた。
出てきた情景や小道具が郷愁を誘ったというわけでもない。
やっぱり、”動き”そのもの。
どうも、この年齢になって舞台を見ると、以前の自分では考えられないような
感想を持つものだなあと思う。
前は、ストーリーのわかりやすい小説や映画を生身の人間が演じるものを観る
という感覚であった。
もちろん、そういった舞台もたくさんあるだろう。
でも、こういったジャンル分けの難しいようなダンス?舞踏?を観ることって…
以前はむしろ、受け入れ難く感じてしまったと思う、正直。
懐かしい感じ、などとは思わなかったろう。

舞台鑑賞はもちろんそこから発されるエネルギーや、芸術性をしかと堪能する
という目的があるのだが、それを通して自分に投射される何かを深く突き詰める
作業にもつながるんだなあ。

それは必ずしも脚本家や踊り手の「これを伝えたい」という意志とは異なるかも
しれないけれども。
でも、演じ手と、観客双方になにかエネルギーのやり取りというか、そういうパイプ
みたいなものが出来てくるのを感じた。
場の力、ももちろん多大なる影響を与えてくれたのだろう。

それにしても、自分自身の体を表現する媒体として、日々鍛錬する人々の動き
に感動。
動くものは、美しい。
何ものかにとりつかれたように、頭の先からつま先までを超意識しているかの
ようであり、逆にもはや完全なる無意識のままのようでもある、あの踊りに、私は
魅了された。

こうなってくると、いろいろなジャンルの踊り、舞台を片っ端から観てみたくなってくる!
[PR]



by desreelove | 2009-07-23 20:28

2012年4月よりカナダトロントに住んでいます。
by desreelove
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新の記事

涼のお届けありがとう
at 2012-07-24 19:03
Dessert Trends
at 2012-07-16 12:25
コイン使いこなし術、続編。
at 2012-06-25 10:21
慣れてきたかな、と思った瞬間
at 2012-06-19 18:27
○○がないけど、
at 2012-06-02 11:35

踊り時計

最新のトラックバック

お気に入りブログ

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧